天照大神とはどんな神様?日本神話の太陽神に迫る

日本の神話の中でもいなければ話が成り立たない、そんな神様なのが天照大神ではないでしょうか。太陽の神様であること、天皇陛下の祖先だと言われていることなど、日本にいるとその名前や知識は自然と耳に入ってくるのではないでしょうか。

しかし、具体的にどんな神様かと聞かれると意外と答えられないかもしれません。天照大神はじめ日本神話の世界は『古事記』や『日本書紀』に詳しく描かれていますが、いきなりそれらを全て知ることは難しいことだと思います。そこで今回は、天照大神の基礎知識や、どんな神話があるのか、そして実際に天照大神をお祀りしている神社を紹介していきます。

日本神話の最高神、天照大神を知っておこう

最初に天照大神は何の神様なのかといった話など、基礎知識を紹介していきます。

天照大神って何の神様?

天照大神は日本神話の中でも最高神とも言われ、太陽神として崇められている女神です。古事記では天照大御神、日本書紀では天照大神と表記されています。伊弉諾尊(いざなぎのみこと)が黄泉の国から戻り禊をした際に、その左目から生まれ、天の神々が住む高天原(たかまがはら)を統治したと言われています。

また、天照大神は皇祖神(皇室の祖先にあたる神様)や、日本の総氏神でもあります。総氏神は日本各地の氏神様の元締めともいえる位置にいる存在です。

現在、伊勢神宮をはじめとした日本各地の神明社に祀られています。そのご利益も、最高神として崇められているため、色々な招福のご利益があります。天皇陛下が国土安泰を祈るのは言うまでもありませんが、五穀豊穣、招福、開運、生命力上昇、子孫繁栄など様々なご利益があるとされています。

親や兄弟は誰?天照大神の誕生

天照大神の誕生やその系譜は、古事記と日本書紀では異なっています。

・古事記

伊弉諾尊が亡くなってしまった伊弉冉尊(いざなみのみこと)を連れ戻すために黄泉の国に向かい、失敗して戻った際に穢れた体を清めるため禊を行いました。その際に、左目から天照大神、右目から月読命(つくよみのみこと)、鼻から須佐之男命(すさのおのみこと)が生まれたとされています。

・日本書紀

古事記とは違い、伊弉冉尊が亡くなる前に生まれています。海、川、山、木など神様を誕生させた後、天下を統べる者を生んでいないことを2人で話し、天照大神を誕生させました。

実は男性だったという説も!?天照大神にまつわる様々な説

天照大神は古事記や日本書紀では女性神とされています。世界の神話の中では、太陽神が女性神なのは珍しいことです。そんな天照大神には男性神だったという説が存在します。

日本神話が描かれている書には様々なものがありますが、その中で偽書とされているホツマツタヱという書物では、天照で「アマテル」とし、男性神として記述しているのです。ホツマツタヱは成立が不詳であり、信憑性は低いのですが、内容は古事記や日本書紀よりも詳しく書いてあり、熱烈な支持者がいます。

他にも天照大神に実在のモデルがいて、それが卑弥呼や天智天皇だったという説やこの後紹介する天岩戸神話は皆既日食を意味していたという説など、色々な説が唱えられているのです。

天照大神の神話とは

日本神話の最高神である天照大神が描かれている神話・伝承には色々なものがあります。その中でも、天照大神が天岩戸に隠れてしまって世界が暗闇となってしまったという「天岩戸神話」が有名です。聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。さて、ではどういった経緯で天照大神は姿を隠し、どうやって再び姿を見せたのでしょう。

天照大神が隠れて世界は真っ暗!天岩戸神話とは

神代の昔、天上には高天原という神々が住む世界が広がっていました。気性が荒い須佐之男命は、田んぼの畔を壊したり、灌漑の溝を埋めたりなど狼藉を働き続け、ついには皮を剥いだ馬を織女たちの御殿に投げ入れそれが元で織女の1人が死んでしまいました。これには天照大神も嘆いてしまい、天岩戸という洞窟に隠れてその入り口を大岩で塞いでしまいました。

太陽の神様である天照大神が隠れてしまったため、世界は暗闇に包まれてしまいました。困り果てた八百万の神様たちは天安河原に集まって相談し、思兼神(おもいかねのかみ)の指揮のもと色々な事が試されました。

最初に、長鳴鳥(今の鶏)を鳴かせました。そして、天鈿女命(あめのうずめのみこと)がおどけて踊りだしました。その面白さに神々は高天原が揺れ動いてしまうほど騒ぎ立てます。

天照大神は、その騒がしさに岩の扉を少しだけ開け、何故自分が隠れて世が闇となり困っているのにこんなに騒いでいるのかを問いました。天鈿女命は天照大神よりも高貴な神様がお出でになったと言い、別の神が鏡を見せました。天照大神はそこに映った自分の姿を高貴な神だと思ったのです。

よく見ようと身を乗り出した時、岩の扉を手力男命(たぢからをのみこと)が開け放ち、天照大神は天岩戸から出てきました。こうして、世界は再び明るくなり平和が戻ったのでした。

天照大神をお祀りしている神社はどこ?

ここまでは天照大神について、どのような神様だったのか紹介してきました。日本全国には天照大神をお祀りしている神社が数多くあります。今回はその中でも特に知っておきたい、天照大神にまつわる神社を紹介していきたいと思います。

神社といえば忘れてはならない!伊勢神宮

伊勢神宮は三重県伊勢市にあり、神社本庁が全国の神社の本宗としている神社です。「お伊勢さん」「大神宮さん」と称されているこの神社は、「神宮」が正式な名称です。内宮には天照大神が祀られており約2000年の歴史があります。外宮には衣食住を始め産業の守り神の豊受大御神(とようけのおおみかみ)が祀られており、その歴史は約1500年ほどです。他、14の別宮、43の摂社、24の末社、42の所管社があり、これら125の宮社全てで神宮と言います。

何故、天照大神が伊勢神宮に祀られるようになったのか、その経緯も神話にあります。今から2000年ほど前は天照大神は奈良の皇居内で祀られていました。杖の代わりとなり神様に仕える御杖代(みつえしろ)として倭姫命(やまとひめのみこと)が諸国をめぐり、伊勢の国に辿り着いた際に神のお導きがあり、伊勢に鎮座したのです。倭姫命の巡行のゆかりの地は、伊賀、桑名など14の場所があります。

神話の舞台といえばここ!天岩戸神社

天岩戸神社は宮崎県高千穂町にある、先ほど紹介した天岩戸神話の舞台となった場所にある神社です。天岩戸神社は西本宮と東本宮が岩戸川を挟んで鎮座しています。西本宮は天照大神が隠れた洞窟である天岩戸をご神体としています。東本宮がお祀りしているのは天照大神が天岩戸より出てきてから最初に住んだ場所です。岩戸川の川上に、天照大神を天岩戸から出すために八百万の神々が相談したと伝承が残る天安河原があります。

また、春秋2回の大祭と11月頃に行われる天岩戸夜神楽三十三番大公開祭にて無形文化財である天岩戸神楽が奉納されます。三十三番の神楽で構成された天岩戸神楽は、全て終わるのに16時間ほどかかります。五穀豊穣祈願、悪魔払い、病除けなどの舞があり、終盤には天岩戸開きの神楽が舞われるのです。

天岩戸神社がある高千穂町では毎年11月中旬から翌年2月まで、町内の20の集落にて「夜神楽」が夜通しで奉納されます。各集落の夜神楽では、天照大神をはじめとした日本の様々な神々が登場します。終盤の天岩戸神話が題材になっている岩戸五番は夜神楽の中でも人気です。重要無形民俗文化財となった「高千穂の夜神楽」、日本神話に興味を持ったら是非チェックしたい神事です。

まとめ:日本の起源を探求しに行こう!

今回は、天照大神の基礎知識や実際に天照大神をお祀りしている神社を紹介しました。天照大神はじめとした日本神話にまつわる神事が全国で行われていたりなど日本文化に深い関りがあります。もしも日本神話に興味を持ったのであれば、古事記や日本書紀などの書籍を読むのはもちろんのこと、ゆかりの地に足を運んだり実際に神事を目にするなどして神話の世界を身をもって体感するのも良いかもしれません。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください