宮沢賢治の童話とは?代表作と世界観について

国語の教科書には必ず載っている宮沢賢治。童話作家で有名ですが、どんな人物でどのような作品を残したのでしょうか。ここでは宮沢賢治の生涯と倫理観、代表作について紹介します。

宮沢賢治の生涯

宮沢賢治は決して順風満帆の人生を送った訳ではありませんでしたが、子供や大人に夢を与えるような作品を残しています。ここでは、賢治の人生を振り返ってみましょう。

宮沢賢治誕生!趣味は鉱物と昆虫採集

1896年8月27日、父・宮澤政次郎と母・イチの長男として生まれます。賢治の体は病弱で赤痢で入院しますが、無事花巻川尋常小学校に入学し、成績は優秀でした。3年生と4年生の時の担任八木英三が童話を授業で話し、賢治の童話や思想に大きな影響を与えました。また、賢治は鉱物採集、昆虫の標本づくりに熱中し、後の人生や童話にも影響を与えています。

中学卒業と失恋からの一念発起

1909年中学に入学、家業を継ぐことを嫌っていた賢治は鉱物採集や星座に熱中し、大量の岩石標本を集めていました。そのため成績は落ちました。中学卒業後発疹チフスの疑いで入院してしまいます。この時看病に当たった父政次郎も感染し、賢治は父に負い目を感じることになります。入院中に出会った看護婦に思いを寄せるも両親に反対され、ふさぎこんでいた賢治を見かねて、父政次郎は盛岡高等農林学校への進学を認めます。賢治は一念発起して受験のため猛勉強します。

農林学校時代と妹トシの入院

1915年盛岡高等農林学校に首席入学した賢治は同人誌『アザリア』を発行し、短歌や短編を寄稿します。農学校を卒業した賢治は研究生として残り、徴兵検査を受けて兵役免除されます。またこの頃、東京に進学した妹のトシが入院します。トシは肺炎でしたが翌年病状が落ち着き、賢治は将来の職業について考え始めます。研究生を卒業後、助教授に推薦されますが、辞退しています。また宗教観の違いから父と対立します。

上京後、農学校教員へ

1921年稗貫郡立稗貫農学校という小さな農学校の教員になります。この時掲載された『愛国婦人』12月号と1月号に掲載された「雲渡り」で受け取った原稿料5円が生前唯一の原稿料でした。教員になった翌年トシの容態が急変し死亡してしまいます。悲しみにくれた賢治は『永訣の朝』『松の針』『無声慟哭』を書きました。

売れない詩集・童話

1924年『心象スケッチ 春と修羅』を花巻の印刷所に持ち込み自費出版しましたが、全く売れず、ほとんど寄贈してしまいました。同年12月『イーハトヴ童話 注文の多い料理店』を刊行しました。出版社「光原社」の名義で1000部作りましたが、全く売れず、父親からお金を借りて200部買い取りました。

1926年に農学校を依願退職し、農家になることを決意しますが、周りからは金持ちの道楽農家としてみられていました。

1928年園芸学校設立の相談を受けていた賢治は肥料相談、稲作指導に奔走していましたが、高熱で倒れ、両側肺湿潤と診断されます。以後花巻で病にふせる生活を送ります。

東北砕石工場技師になり、死去

1930年、体調が回復してきて、文語詩の制作を始めます。また東北砕石工場主の鈴木東蔵が賢治のもとに来訪し、合成肥料の販売を提案します。賢治は提案に賛同し、製品の改造、広告文の作成、製品販売をする技師になりました。

しかし、1931年9月に高熱で倒れ、花巻に戻って病臥生活となります。同年11月、手帳に『雨ニモマケズを書きました。1933年鳥谷ヶ崎(とやがさき)神社のお祭りがあり、その翌日賢治は急性肺炎で亡くなりました。

宮沢賢治の世界観

宮沢賢治の作品は戦時中にもかかわらず、国威高揚の軍国主義や民族主義的なものはありません。一般的な文学の普遍的なテーマである勧善懲悪のストーリーはとても少なく、『グスコーブドリの伝記』のように環境破壊がもたらす自然災害や『なめとこ山の熊』のように動物虐待や屠殺に対するアンチテーゼを唱える作品が多いです。

彼の創作の源は「よだかの星」、「銀河鉄道の夜」にみられるような自己犠牲の精神と人々に勇気を与える倫理観でした。宮沢賢治の世界観は宇宙規模で、地球上のあらゆる事象は地球と宇宙のその他全てのものとつながっていると信じていました。

また、そのつながりの中にも人間の行動を導く秩序が存在すると考えていました。宮沢賢治は詩や物語の中で抑圧されて、疎隔された人々を味方することが多く、厳しい自然に立ち向かい、困難から抜け出せるようなキリスト教的な救済を書いています。全人類への宗教的寛容的と自然科学の融合した独自の世界観は国内外で評価されています。

宮沢賢治の代表作

ここでは宮沢賢治の代表作を3つ紹介します。

「風の又三郎」

高田三郎は村の子供たちとは一風変わった少年です。村の子供たちは三郎の変わった言動に戸惑いつつも野良遊びを通じて親交を深めていきます。少年たちが幼さを卒業するという少年期の通過儀礼的な物語になっています。又三郎が風の精なのか悪霊なのかは宮沢賢治自体が明らかにしていません。

「注文の多い料理店」

森に狩猟にやってきたブルジョアの青年二人が、迷った先で1軒のレストラン『山猫軒』をみつけ、入っていく物語です。

レストランでは「髪をとかして履物の泥を落とすこと」や「金属製のアクセサリーは外すこと」など注文が多く、二人はいぶかしく思いながらも好意的に解釈し、注文通りに行動していきます。この作品には「貧乏な村の子供たちが都会文明と裕福な階級に対するやむにやまれぬ反感です」という注がついています。

「銀河鉄道の夜」

孤独な少年ジョバンニはいじめの対象となっています。ジョバンニの父は漁に行ったきりで、ラッコを密漁して警察に捕まったという噂もあります。母親も病気で寝たきりで、ジョバンニは小学生にもかかわらず、アルバイトをしています。そんな中、親友で幼馴染のカムパネルラだけはジョバンニと仲良くしてくれました。

星祭りの夜に仕事を終えたジョバンニの目の前に鉄道が現れ、気が付くとその列車に乗車していました。ジョバンニとカムパネルラは銀河鉄道の旅に出ます。本当の幸せとはなにか、銀河鉄道の旅が何を意味していたのかを読者に考えさせてくれる作品です。

まとめ:再び読み返すべき作家、宮沢賢治

宮沢賢治の代表作と世界観、いかがだったでしょうか。37歳の若さでこの世を去り、生前は本がほとんど売れなかった宮沢賢治。しかし、彼の自然科学と宗教的寛容が融合した独自の世界観は現代で高く評価されています。宮沢賢治の作品は現代の経済発展と環境破壊の問題を再考するのにも良い題材です。みなさんも今一度作品を読んでみてはいかがでしょうか。

広告

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください