三権分立によって日本の秩序は保たれている?誰でもわかる制度解説!

誰もが学校で習う三権分立。あなたはしっかりと説明できますか?国民を守る役割を担う三権分立ですが、果たしてどの様にして、その役割を担っているのでしょうか?今更聞けない制度をわかりやすく解説していきます!

 

三権分立とは

a5f7dd0beaf7040c3f567686d265f417_m.jpg

中学生の社会の授業で習う三権分立。この三権とは、立法権(国会)・行政権(内閣)・司法権(裁判所)を表しています。普段、当たり前のように行われている政治活動や裁判所での判決、内閣総理大臣によるあらゆる制度の決定などは、この三権分立によって成り立っています。まずは、三権を一つずつご紹介していきます。

 

立法権と国会の役割

立法権とは、国会が所有している権利の事です。立法権を持つ国会は、議会を行う機能を持ち、法律を作る事が出来る唯一の機関です。

 

国会は、国のルールを作る大事な役割を担っています。

  • 予算決議(国民から集めた税金をどのように使うかを決めていく)
  • 内閣総理大臣の任命
  • 条約の承認
  • 国勢調査(内閣府が正しく機能しているのかを調べる)
  • 弾劾裁判(裁判官を裁き司法を審査する)

 

国会には、衆議院と参議院があります。二つの議院の中で法を決めていく為、衆議院で可決された法案でも参議院で否決されれば、法が承認される事は無くなります。

 

行政権と内閣の役割

行政権とは、内閣が所有している権利の事です。法律の執行、外交事務の処理、公務員を選任する事です。明治憲法では、天皇が行政権を握っていましたが、日本国憲法では内閣が行政権の行使に責任を負うべきものとしています。

 

内閣の役割は、国会で決めた法律を執行することです。以下の様な役割を持っています。

  • 経済政策
  • 社会保障
  • 環境保全
  • 教育
  • 外交

内閣が進める政治は、経済政策や年金などの社会保障、環境保全や教育など、国民のあらゆる生活を守っていかなければなりません。また、内閣は外国との交渉が出来る外交権を持っています。外国と条約を結ぶ際、文書の取り決め・調印をして国会の承認を得て、条約を締結する事が出来ます。

 

司法権と裁判所の役割

司法権とは、裁判所が所有している権利のことです。裁判官は裁判を行う際、いかなる権力、いかなる集団からも干渉を受ける事が無い、唯一無二の司法権を司どる機能を持っています。

 

国民が平和な生活を送っていけるように法律や契約といったルールが存在します。皆が守れば安全で健やかな人生を送れますが、ルールを破る人が現れればもちろん争いごとが生じてしまいます。このような争い事を失くす為に、裁判所で公平な裁判を行い救済していくのが裁判所の役割です。

  • 裁判

日本では、判決の過ちを失くす為に三審制という制度が設けられています。最初の裁判所の判決に納得がいかなかった場合、二回まで上級の裁判所に不服を申し立てる事が出来ます。2009年に裁判員制度が作られ、国民が裁判員として裁判所の席に座り、判決を下す様になりました。

 

三権分立の由縁

国会

三権分立、三権それぞれの役割が見えてきましたよね?さて、これからは三権分立を創設した人がどのような人物だったのか?どんな考えで三権分立を創ったのか?気になる点をご紹介していきます。

 

誰が作ったの?

この三権分立の礎を築いたのは、フランスの啓蒙思想家のシャルル・ド・モンテスキューでした。彼は、当時のフランスの絶対王政を批判し、1748年に彼の人生の半分以上を費やしおよそ40年をかけて書き上げた「法の精神」が刊行され、立法・行政・司法の三権による権力の分立を図り、三権分立を初めて説いたのです。

 

彼は、フランスのボルドーに名門軍人の家庭に生まれ、伯父から領地を、ボルドー高等法院評議員の地位を授かりました。その後、彼は法律より研究に力を入れるべく、高等法院評議員の地位を捨てて、ヨーロッパ各地を巡ってローマ史などを学び「ローマ人盛衰原因論」を出版します。モンテスキューは学ぶ事に労を惜しまずに、歳をとっても執筆活動を続けていたのです。そして1789年に、フランス人権宣言第16条により権力分立が必要不可欠なものとされ、絶対王政から立憲君主制に移行されました。その際にモンテスキューの「法の精神」を下に、三権分立が確立される事になったのです。

 

どうして三権分立のシステムが出来たの?

一人の権力者に全ての実権を握らせてしまうと、独裁主義者が乱暴な政治が行われやすいです。基本的人権が無視される危険性もあります。当時のフランスの絶対王政も一人の国王が国の方向性を決めるのというやり方でした。

 

モンテスキューは、一人の人間に権利が集中するから政治が暴走する、と考えたのです。三権分立はその様なリスクを回避し、国民を守る為に創られた制度といえます。

 

3つの権力それぞれの関係

1

三権分立の国会、内閣、裁判所、それぞれの権力がどんな作用を及ぼし合っているのか?互いの関係性について見ていきましょう。

 

国会と内閣

まずは、三権の中でも密接に関わり合っている国会と内閣の関係性を見ていきましょう。

まず、国会が内閣に与える影響は以下です。

  • 内閣総理大臣の指名
  • 内閣不信任決議

内閣総理大臣は、日本国憲法第67条に乗っ取って国会議員の中から選ばれます。加えて、国会は内閣に対して不満がある際に、内閣不信任案を出すことができ、これが可決されると、内閣は総辞職します。内閣は国会の理解を得ない形で、職務の遂行をすることはできないということですね。

 

一方、内閣は国会に以下の抗力を持っています。

  • 衆議院の解散
  • 国会の召集

実は国会の召集は、内閣が決定しているのです。また、内閣は、衆議院を解散させる権限があります。内閣と同様に国会も内閣の理解を得ない形で政治を勧めることはできないのですね。

 

国会と裁判所

次に、国会と裁判所の関係性を見ていきましょう。

 

まずは、国会が裁判所に対して持つ権利を見ていきます。

  • 裁判官の弾劾裁判

弾劾裁判とは、裁判官がその身分に相応しくないような行為かどうかを問う裁判です。弾劾裁判所は、国会に設置されています。国会が適正な裁判を行っているか否かを監査しているのですね。

 

逆に、裁判所が国会に対して出来る事は以下です。

  • 違憲立法の審査

違憲立法の審査は、法令や国家行為が、憲法と照らし合わせた時に違憲していないかを審査する事で、最高裁判所がこの権限を持っています。国会の国家行為などが違憲と判断された場合、その行為は無効の扱いとなるのです。

 

内閣と裁判所

それでは、最後に内閣と裁判所の関係性はどうでしょうか?

 

内閣が裁判所に対して行う事が出来るのは、以下です。

  • 最高裁判所長官の指名
  • その他裁判官の任命

最高裁判所長官の候補者は、下級裁判所の裁判官の経験だけでなく、検察官や弁護士、法学の教授など多岐にわたる出身分野を持っている方が挙げられます。内閣が最高裁判所長官を指名し、天皇がそれを任命します。

 

逆に、裁判所が内閣に対して行う事が出来るのは、以下です。

  • 違憲立法の審査

国会に対して行う審査と同様に、裁判所は内閣に対しても、内閣の行政が法律に違反していないかをチェックする権利があるのです。

 

三権分立と国民の関係

国会・内閣・裁判所の三角形の中には常に国民がいるという事を忘れてはいけません。国民の役割は内閣に世論を届けて、国会に対しては選挙権を持ち、裁判所に対しては、国民審査で裁判官に相応しい人物かを見定める権利があります。三権によって一方的に守られている訳ではなく、相互扶助で手を取り合っていく事で、初めて豊かで繁栄された国を作っていく事が出来るのです。

 

日本の三権分立の問題点

疑問

これまで三権分立の概要と、それぞれに対する役割をご説明してきました。続いて日本の三権分立に関して挙がっている疑問点を解説します。ここまで三権分立の役割について解説してきましたが、実は非難を受けているポイントもあるのです。

 

日本の三権分立でよく挙げられる問題点は「三権分立が綺麗な正三角形にはなっていない」ということです。どういうことでしょうか?端的にいえば、国会と内閣の距離が近く、権力が綺麗には分散されていないことです。

 

日本は議員内閣制を採用しており、内閣は国会議員も兼職しています。内閣は、行政権を持ち、国会が立法権を持つのが、三権分立の考え方です。そんな中、日本の内閣総理大臣は、行政権と立法権両方を所持しています。実際、内閣総理大臣は与党から選出されます。そのため、国会と内閣は結束しやすく、独裁が起きるリスクをかかえているのです。

 

海外における三権分立の仕組み

440a51f5f222aa2a24d3feb049a22d98_m.jpg

これまで日本の三権分立の仕組みについてご説明していきましたが、ここでは海外の仕組みの一部をご紹介します。三権分立の代表国ともいえるアメリカの制度はどうなっているのでしょうか。また、三権分立を否定している国は存在するのでしょうか?

 

アメリカの三権分立

日本と同様に三権分立をひく国はいくつかあります。中でも三権分立を厳格にひいているのがアメリカ合衆国です。アメリカは、立法・行政・司法が互いに独立し、牽制・抑制し合い、各々が暴走しないように上手にコントロールしています。

 

アメリカ合衆国の”合衆国”とは、多くの州が集まって形成されている連邦共和制の国家であり、それぞれの州が一つの国家としての役割を持っています。また、合衆国の”衆”は民衆の事を意味しているのです。アメリカの三権分立は、大統領(行政)・連邦議会(立法)・連邦最高裁判所(司法)となっています。大統領は、アメリカの国家元首であり国軍の最高司令官です。他国へ宣戦布告をする事が可能ですが、議会の承認が必要となります。アメリカの象徴的な存在で映画にも何度も出てくるイメージがありますよね?

 

この大統領制が、日本とアメリカの大きな違いです。日本は先ほど説明した通り、議員から内閣総理大臣を選ぶ議員内閣制を取り入れています。一方アメリカは、国家元首かつ行政の長である大統領を、議会とは無関係に、国民の選挙によって選出します。立法と行政がより厳格に分離され、両者の機能が明確化される傾向にあります。

 

三権分立を否定している国

実は、三権分立を敷いている国は多くはなく、三権分立を否定している国があります。その代表例が中国です。中国は、全国人民代表大会(日本でいう国会)・国務院(日本でいう内閣)・人民法院(日本でいう裁判所)がありますが、三権分立としての役割は認めていません。中国の政治は、憲法上、中国共産党がすべての実権を握っているのです。

その動きは直近も変わらず、2017年1月14日に北京で全国高級法院院長会議でも、日本の最高裁にあたる最高人民法院の周強院長が「中国共産党による領導、中国の特色ある社会主義の法治と司法制度を否定する誤った言動とは断固として闘争を繰り広げる。西側の誤った思想と司法の独立という”トラップ”にかかってはならない。断固として中国の社会主義法治の道を進むのだ」と、三権分立に対して否定的な意見を述べています。

 

まとめ:三権分立が日本を支えている

cfaf4710b9655bad586bc609f266d438_m

いかがでしたでしょうか。三権分立というしっかりとした規律がある事で、私たちが平穏な生活を送る事の出来るのです。三つ権力の内、一つの権力が強くなりバランスが崩れると、日本の政治に悪影響をもたらしてしまうのですね。

広告