勝海舟の生涯を詳しく解説!幕臣から明治政府の要職を歴任!

勝海舟は幕臣でありながら、明治維新後は明治政府に仕えて出世の道を歩みます。2つの主君に仕えた勝を人々は裏切り者と罵りますが、勝は自分への陰口を一向に気にしませんでした。そんな勝海舟の生涯をこの記事では追っていきます。

 

勝海舟の生涯

d65ce3c65195587d29b2376b4e53a0b7_s

勝海舟は幕府に仕えたエリートでありながら、幕府瓦解後は、今度は幕府を倒した明治政府に採用され、出世の道を歩みます。このことは当時、多くの人々から、二君に仕えるとは、けしからぬことだと非難されました。しかし、勝海舟はその批判を一向に気にせず、黙々と自分の与えられた仕事をこなしていきました。彼は幕府であるとか、明治政府であるとかは関係なく、日本という国のために自分の力を尽くしたいと考えていたのでした。そんな勝海舟の生涯を見ていきましょう。

 

勝海舟の祖先と生い立ち

勝海舟は文政6年(1823年)、江戸本所亀沢町に生まれます。父・小吉の実家である男谷家で誕生しました。曽祖父・銀一は、越後国三島郡長鳥村の貧農の家に生まれた盲人でしたが、江戸へ出て高利貸しで成功し巨万の富を得て、朝廷より盲官の最高位検校を買官し「米山検校」を名乗りました。銀一は三男の平蔵に御家人・男谷(おだに)家の株を買い与えます。 銀一の孫で男谷平蔵の末子が海舟の父・勝小吉であり、小吉は三男であったため、男谷家から勝家に婿養子に出されました。勝家は小普請組という無役で小身の旗本でした。勝海舟は、幼少時の文政12年(1829年)、男谷の親類・阿茶の局の紹介で江戸幕府11代将軍・徳川家斉の孫・初之丞(家斉の嫡男で後の12代将軍徳川家慶の五男、後の一橋慶昌)の遊び相手として江戸城へ召されています。一橋家の家臣として出世する可能性もあったものの、慶昌が天保9年(1838年)に早世したためその望みは消えることとなりました。同年、父の隠居で家督を相続します。生家の男谷家で7歳まで過ごした後は、赤坂へ転居するまでを本所入江町(現在の墨田区)で暮らしました。

 

厳しかった修行時代

剣術は、実父・小吉の実家で従兄の男谷信友の道場、後に信友の高弟・島田虎之助の道場で習い、直心影流の免許皆伝となります。師匠の虎之助の勧めにより禅も学びました。兵学は窪田清音の門下生である若山勿堂から山鹿流を習得しています。蘭学は、江戸の蘭学者・箕作阮甫(みつくり げんぽ)に弟子入りを願い出たものの断られたので、赤坂溜池の福岡藩屋敷内に住む永井青崖に弟子入りしました。弘化3年(1846年)には住居も本所から赤坂田町に移り、更に後の安政6年(1859年)7月に氷川神社の近くに移り住むことになります。

 

長崎海軍伝習所で大いに学ぶ

嘉永6年(1853年)、ペリー艦隊が来航し開国を要求されると、幕府老中首座である阿部正弘は幕府の決断のみで鎖国を破ることに慎重になり、海防に関する意見書を幕臣はもとより諸大名から町人に至るまで広く募集しました。これに海舟も海防意見書を提出、意見書は阿部の目に留まることとなり、目付け兼海防掛だった大久保忠寛(一翁)の知遇を得たことから安政2年(1855年)1月18日、異国応接掛附蘭書翻訳御用に任じられて念願の役入りを果たします。このことは勝海舟が自ら人生の運を掴んだ瞬間でした。同月から洋学所創設の下準備をして、1月23日から4月3日にかけて勘定奉行の石川政平と一翁が命じられた大阪湾検分調査の参加を経て7月29日に長崎海軍伝習所に入門しました。伝習所ではオランダ語がよくできたため教監も兼ね、伝習生とオランダ人教官の連絡役も務めます。この時の伝習生には矢田堀鴻(景蔵)、永持亨次郎らがいます。しかし、海軍知識はほとんど無かったため、本心では分野違いの長崎赴任を嫌がっていたが、幕府の期待に応えない訳にも行かず、10月20日に船で長崎へ来航、以後3年半に渡り勉強に取り組むことになります。長崎に赴任してから数週間で聴き取りもできるようになったと本人が語っているためか、引継ぎの役割から第一期から三期まで足掛け5年間を長崎で過ごします。

 

咸臨丸で渡米

万延元年(1860年)、幕府は日米修好通商条約の批准書交換のため、遣米使節をアメリカへ派遣します。このアメリカ渡航の計画を起こしたのは岩瀬忠震ら一橋派の幕臣でした。しかし彼らは安政の大獄で引退を余儀なくされたため、正使・新見正興、副使・村垣範正、目付・小栗忠順らが選ばれ、アメリカ海軍のポーハタン号で太平洋を横断し渡米しました。この時、護衛と言う名目で軍艦を出すことにし、咸臨丸がアメリカ・サンフランシスコに派遣されました。品川からの出発は1月13日でアメリカ到着は2月26日で、3月19日にサンフランシスコを旅立ち、品川への帰着は5月6日、旅程は37日で全日数は140日でした。咸臨丸には海軍奉行・木村喜毅、教授方頭取として海舟、米海軍からジョン・ブルック大尉も同乗しました。通訳のジョン万次郎、木村の従者として福沢諭吉も乗り込みました。咸臨丸の航海を福沢諭吉は「日本人の手で成し遂げた壮挙」と自讃していますが、実際には日本人乗組員は船酔いのためにほとんど役に立たず、ブルックらがいなければ渡米できなかったという説があります。

 

海軍興隆へ奔走!海軍の強化へ

勝海舟は文久2年(1862年)7月5日に軍艦操練所頭取に就任し、8月17日に軍艦奉行並に昇進します。翌文久3年(1863年)には14代将軍である徳川家茂が上洛し、勝は家茂を大阪で出迎えます。その際に、神戸は碇が砂に噛みやすく水深も比較的深く大きな船も入れる天然の良港であるので、神戸港をを日本の中枢港湾として欧米との貿易拠点にすべしとの提案をします。そして、家茂にこの提案を受け入れさせる一方、海舟は同行していた公家の姉小路公知も抱き込み、幕府の命令で神戸海軍操練所設立許可が下り、年3000両の援助金も約束、操練所とは別に海舟の私塾も作ってよいと達しも出ました。そして、海軍操練所はすぐには作れないため私塾の方が先に始動、薩摩や土佐藩の荒くれ者や脱藩者が塾生となり出入りしたが、海舟は官僚らしくない闊達さで彼らを受け容れました。

後に神戸は東洋最大の港湾へと発展していくが、それを見越していた海舟は付近の住民に土地の買占めを勧めたりもしています。海舟自身も土地を買っていましたが、後に幕府に取り上げられてしまっています。また、この頃、朝廷からの命令を通した幕府から製鉄所の設立も命じられ(姉小路公知が朝廷説得に動いたとされる)、海軍強化に大きく前進していきました。しかし政局も動乱が相次ぎ、まず上洛していた家茂が朝廷に攘夷実行を迫られ、これに反対して政権返上を主張した春嶽が無断で京都を離れてしまいました。続いて姉小路が何者かに暗殺され、海舟は提携相手を2人も失い、度々幕閣に攘夷を主張しても受け入れられず、戦争のきっかけに考えていた生麦事件も幕府が賠償金をイギリスに支払い事態収拾されたため、政治的に不利になっていきました。

 

政治構想の頓挫と罷免

海舟は諸侯との協力を前提にした「一大共有の海局」を掲げ、幕府の海軍ではない「日本の海軍」建設を目指すものの、保守派から睨まれていた上、頼りにしていた春嶽も政局を放り出して離脱し、海舟は孤立していきます。上洛をしていた家茂は江戸に帰りますが、家茂は朝廷から攘夷を約束されたため、攘夷が不可能であると知っている海舟にとってはやりづらい状況となっていました。また、春嶽が治めていた越前福井藩では政変が起こり、諸侯の協力によって「日本の海軍」をつくることは難航しました。1週間後に起こった八月十八日の政変を報告された海舟は日記に失望感を書いています。

勝は再び、幕府の命令で長崎に滞在し、オランダ総領事ポルスブルックと交渉して前年の長州藩による外国船砲撃への諸国の報復を抑えるため説得に動きました。しかし、上奏は採用されず長州藩への制裁も下関戦争として発生した上、海舟が公議政体論の具体化として期待していた参預会議も一橋慶喜の策動で解体されました。そんな中、海舟は軍艦奉行に昇格し、神戸海軍操練所も設置されましたが政治構想をことごとく潰され、幕府に対して不満を抱いていきました。時を同じくして、佐久間象山が暗殺され、禁門の変も発生、続く第一次長州征討で幕府は勢いづき、諸侯で協力して政治を行う公議政体論の見通しは無くなり、ついに海舟の立場も危うくなります。そして11月10日に軍艦奉行を罷免され、約2年の蟄居生活を送ることになるのです。

 

長州征討と宮島談判

慶応2年(1866年)5月28日、長州藩と幕府の緊張関係が頂点に達する直前に軍艦奉行に復帰して大坂へ向かい、老中板倉勝静の命令で出兵を拒否した薩摩藩と会津藩の対立解消、および薩摩藩を出兵させる約束を取り付けることにしました。この任務は成功したと後年海舟は語っていますが、実際は薩摩藩は拒否したままであり、会津藩と薩摩藩の対立も続いたままだったため完全に失敗していました。板倉との間が気まずくなった海舟は帰国を考えましたが大坂に留まり、7月20日に家茂が死去した後に宗家を継承した徳川慶喜(12月に将軍職も継承)から8月に京都へ召集され、そこで第二次長州征討の停戦交渉を任されます。海舟は単身宮島大願寺での談判に臨み、9月2日に長州藩の広沢真臣・井上馨らと交渉したが、幕府軍の敗色が濃厚だったためここでも交渉は難航、辛うじて征長軍撤退の際は追撃しないという約束を交わしただけに終わりました。再交渉の余地を残すことを相手側に仄めかしましたが、慶喜が停戦の勅命引き出しに成功したことでそれも無駄になり、憤慨した海舟は御役御免を願い出て江戸に帰ってしまいます。辞職は却下され軍艦奉行職はそのままだったが、以後は事務仕事に勤め大政奉還まで目立った働きはありませんでした。

 

駿府城階段と江戸城無血開城

慶応4年(明治元年、1868年)、戊辰戦争の開始および鳥羽・伏見の戦いで幕府軍が敗北し官軍の東征が始まると、幕府の要職を罷免された勝海舟は身分を越えた友人にまでなった最後の老中板倉勝静によって最後の陸軍総裁にまで起用されていきます。幕府側についたフランスの思惑も手伝って徹底抗戦を主張する小栗忠順を慶喜が1月14日に罷免、海舟は17日に海軍奉行並、続いて23日に徳川家の家職である陸軍総裁に昇進、2月25日に陸軍取扱という職に異動され、恭順姿勢を取る慶喜の意向に沿いフランスとの関係を清算した後、会計総裁となった一翁らと朝廷の交渉に向かうことになりました。

官軍が駿府城にまで迫ると、早期停戦と江戸城の無血開城を主張、ここに歴史的な和平交渉が始まるのです。まず3月9日、山岡鉄舟を駿府の西郷隆盛との交渉に向かわせて基本条件を整えます。この会談に赴くに当たっては、江戸市中の撹乱作戦を指揮し奉行所に逮捕されて処刑寸前の薩摩武士・益満休之助を説得して案内役にしています。予定されていた江戸城総攻撃の3月15日の直前の13日と14日には海舟が西郷と会談、江戸城開城の手筈と徳川宗家の今後などについての交渉を行います。結果、江戸城下での市街戦という事態は回避され、江戸の住民150万人の生命と家屋・財産の一切が戦火から救われました。

 

明治維新後の勝海舟

明治維新後も海舟は旧幕臣の代表格として外務大丞、兵部大丞、参議兼海軍卿、元老院議官、枢密顧問官を歴任、伯爵に叙された。しかし明治政府への仕官に気が進まず、これらの役職は辞退したり、短期間務めただけで辞職するといった経過を辿り、元老院議官を最後に中央政府へ出仕していなません。枢密顧問官も叙爵も政府からの求めに応じただけで度々辞退していました。しかしながら、明治政府の中でこれほどまでに出世した勝海舟を世間は攻撃します。なぜなら、勝はもともと幕府の官僚であり、その幕府を倒したのが明治政府だったのです。ですから、幕府瓦解後、今度は明治政府で出世する勝を人々は批判したのでした。

 

晩年の暮らしぶり

晩年の海舟は、ほとんどの時期を赤坂氷川の地で過ごし、政府から依頼され、資金援助を受けて『吹塵録』(江戸時代の経済制度大綱)、『海軍歴史』、『陸軍歴史』、『開国起源』、『氷川清話』などの執筆・口述・編纂に当たる一方、旧幕臣たちによる「徳川氏実録」の編纂計画を向山黄村を使い妨害しています。ただし、その独特な談話、記述を理解できなかった者からは「氷川の大法螺吹き」となじられることもありました。晩年は子供たちの不幸にも悩み続けるなど、孤独な生活だったといいます。明治32年(1899年)1月19日、風呂上がりにトイレに寄った後に倒れ、侍女に生姜湯を持ってくるように頼んだが、間に合わないとして持ってこられたブランデーを飲んですぐに脳溢血により意識不明となり、息を引き取りました。海舟の最期の言葉は「コレデオシマイ」でした。墓は海舟の別邸千束軒のあった東京大田区の洗足池公園にあります。千束軒は後の戦災で焼失し、現在は大田区立大森第六中学校が建っています。

 

勝海舟の逸話

勝海舟生誕の地

勝海舟は77年の生涯で数々の逸話を残しています。ここでは幼少時代に野犬に襲われて生死の淵をさまよった時の話と、咸臨丸に乗って渡米したときの話を紹介します。

 

野良犬強襲事件

実父の勝小吉が書いた『夢酔独言』に依ると、「岡野へ引っ越して2ヶ月程、段々脚気も良くなって来た。9歳になった息子が御殿から下って来たので、本の稽古に3つ目向こうの多羅尾七郎三郎と云う用人の処へ通わせていたが、ある日その途中の道で、病犬に出会って金玉を噛まれた。」との記述があります。これは、当時9歳(1831年)の海舟が野良犬に襲われた事件のことです。この事件が切っ掛けで犬が苦手になり、犬の大きさに関係無く晩年まで犬を苦手にしていました。この事件の詳しい記述は次のとおりです。勝海舟は本の稽古(現在の学習塾に相当)の帰り道に野良犬に襲われます。野良犬が袴の中へ潜り込み、陰嚢を噛み切られて睾丸が露出するほどの傷を負いました。花町の仕事師八五郎という人が海舟を救助して、自宅に上げて医者を呼ぶなどの世話を行います。自宅で寝ていた小吉のもとに知らせを入れ、小吉が八郎の家へ向かいます。既に成田という外科医が呼ばれていて、小吉が「命は助かるか?」との問いに「難しい。」と回答します。海舟を自宅へ連れて帰り、地主が呼んだ篠田という外科医に傷を縫合させました。その外科医に様子を伺うと「今晩持つかどうか保証できない」との診断で、生死を彷徨う重症でした。小吉は、金毘羅へ願掛けの裸参りを行い、毎晩水掛けをして祈りました。終始小吉が海舟を抱いて眠り、他の人には手を付けさせませんでした。幸い快方に向かい陰嚢の傷も癒え、野犬に襲われてから70日目には、日常生活ができるほどに回復したと記述されています。

 

船酔いの艦長

咸臨丸で勝海舟が渡米したときの話です。同乗した福沢諭吉から、「勝は船酔いで役に立たなかった」と酷評されています。確かにその通りであり、指揮権をアメリカ海軍のブルック大尉に委譲してしまったほどでした。さらにストレスがたまったせいか同船していた人々とトラブルを起こしてしまい、周りの顰蹙を買います。このようなトラブル続きの航海の末に、勝はアメリカにたどり着きます。知識としては知っていても、実際に海外に行ったことはなかった勝ですが、初めてアメリカに上陸し、新しい知識を得ることができました。しかし、船酔い体質が海軍には不適切とされたのか、帰国後は海軍から教育方面に転属されてしまうのです。そのため勝は、蕃書調所、洋学長所、開成所に配属され、教育畑となりました。

 

まとめ:二君に仕えた勝海舟の評価

800px-Saigo_Takamori-1.jpg

勝海舟は幕府のエリートであったにも関わらず、幕府が倒されるや、今度は明治政府に採用され出世を重ねていきました。そのため、多くの人々から激しい批判を受けることになりました。しかし勝は「言いたいやつには言わせておけ」と、自身への悪口を全く意に介しません。彼は、幕府でもなく明治政府でもなく、あくまで日本のために自分は仕事をしているのだと自負を持っていたからです。事実、勝は「藩ではなく、日本国という枠組みでものを考えよう」と、あの坂本龍馬や西郷隆盛を開眼させています。まだ日本という国が300程の国々に分かれていた江戸時代にあって、勝は大変進んだ考えを持っており、こうした考えを持っていたことが、新政府でも重宝された理由なのではないでしょうか。

 

<幕末の関連記事>

板垣退助の生涯を追う!自由民権運動を推し進めた政治家の生きざま!

坂本龍馬の暗殺事件の詳細に迫る!激震の走った近江屋事件の真相は?

「篤姫」「西郷」、両者の視点から見る「江戸無血開城」

西郷隆盛が奄美大島で過ごした三年間 -幕府から逃れるために-

篤姫の子供とその末裔の現在は!?徳川家に嫁いだ篤姫の子孫に迫る!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください